カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
商品検索
ショップ紹介
有村 英仁(HIDEHITO ARIMURA)
<私のプロフィール>
1983年ヴラディミール・ホロヴィッツ初来日時のTV放映で彼のワインレッドのボウタイを目にしたことにより、手結びボウタイを知る。
1989年の彼の死をきっかけに翌年の1990年、彼の影を追い求め、自身もボウタイ愛好家となる。
2009年6月、ボウタイコレクションが100本を突破した直後、自ら鍵盤を3列水平ウェービング状にデザインした“ホロヴィッツU.S.デビュー80周年記念カルメンボウタイ”がシカゴROBERT DASKAL社で製品化され、最初の1本をホロヴィッツの調律師だったフランツ・モアさんに送り、大変喜ばれ、そのボウタイとともに映った画像が送られて来る。
2010年5月、当“ホロ爺のボウタイショップ”WEBを立ち上げ、通販を開始、“ホロ爺ブログ”を始める。
2011年7月、ホロヴィッツが1970年代後半から1982年まで愛用していた鍵盤柄の"HOROWITZ 1977"復刻の夢が叶う。以来、数々のピアニスト、ホロヴィッツファンに愛用されると同時に、新製品をマイペースで発表し続け今日に至る。

*生まれ/鹿児島県
その後、旭川市、長崎市、那覇市、福岡市、浜松市、延岡市、宮崎市などを回りました。
フリーページ
rss atom
ホーム ホロヴィッツ・リバイバル・シリーズ(蝶ネクタイ) HOROWITZ 1977 HOROWITZ 1977
HOROWITZ 1977
お待たせしました。ヴラディミール・ホロヴィッツが、1970年代後期に締めていた縦柄の鍵盤ボウタイHOROWITZ 1977がついに復活しました。
このタイを右利きで結びますと、1977年にホロヴィッツがこのタイを締めて初めてTVに登場しました米CBSテレビのマイク・ウォラスの“60minutes”のインタビューでの鍵盤柄が現れ、この面のみ、B(シ)の白鍵に、HOROWITZ 1977”のロゴがプリントされています。
そして、左右逆に持ち替えて結びますと、1982年チャールズ皇太子招聘の“ホロヴィッツ・イン・ロンドン”のLD盤に収録されていますインタービュー時の鍵盤柄が現れてくるようになっております。 また、それぞれリバース(裏)面を裏返して結びますと、表とは黒鍵の現れ方が若干違うようになっており、4面それぞれの微妙に異なった柄を楽しむことができます。
また、左利きの方が結びますと、右利きの方と同様に“60minutes”と同じく黒鍵の向きが他人から見て右向きに並び(ロゴは現れません)、左右逆に持ち替えて結びますと、“ホロヴィッツ・イン・ロンドン”と同じく黒鍵が左向きに並びます。ただ、この場合、ロゴ文字が下向きとなるため、リバース(裏)面を裏返して結ばれるのをおすすめします。
*このタイの売上金の5%は、東日本大震災義援金の支援を受け付けている2012年3月末まで、日本赤十字社を通じて送られます。(終了しました)
**********************************************

*1977年/マイク・ウォラスの“60minutes”
0:05:53からのインタビューで出てきます。


*1982年/“ホロヴィッツ・イン・ロンドン”
0:43:12からのインタビューで出てきます。

嬉しいことにこの“ホロヴィッツ・イン・ロンドン”を含むDVD6枚組の“ウラディミール・ホロヴィッツ・ザ・ヴィデオ・コレクション(Vladimir Horowitz - The Video Collection)”が、2012年1月20日に発売されました。これで、いつでもこのオリジナルの"HOROWITZ 1977"を見ることができるようになりました↓。