カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
商品検索
ショップ紹介
有村 英仁(HIDEHITO ARIMURA)
<私のプロフィール>
1983年ヴラディミール・ホロヴィッツ初来日時のTV放映で彼のワインレッドのボウタイを目にしたことにより、手結びボウタイを知る。
1989年の彼の死をきっかけに翌年の1990年、彼の影を追い求め、自身もボウタイ愛好家となる。
2009年6月、ボウタイコレクションが100本を突破した直後、自ら鍵盤を3列水平ウェービング状にデザインした“ホロヴィッツU.S.デビュー80周年記念カルメンボウタイ”がシカゴROBERT DASKAL社で製品化され、最初の1本をホロヴィッツの調律師だったフランツ・モアさんに送り、大変喜ばれ、そのボウタイとともに映った画像が送られて来る。
2010年5月、当“ホロ爺のボウタイショップ”WEBを立ち上げ、通販を開始、“ホロ爺ブログ”を始める。
2011年7月、ホロヴィッツが1970年代後半から1982年まで愛用していた鍵盤柄の"HOROWITZ 1977"復刻の夢が叶う。以来、数々のピアニスト、ホロヴィッツファンに愛用されると同時に、新製品をマイペースで発表し続け今日に至る。

*生まれ/鹿児島県
その後、旭川市、長崎市、那覇市、福岡市、浜松市、延岡市、宮崎市などを回りました。
フリーページ
rss atom
ホーム スワロフスキー・ボウタイ(蝶ネクタイ) 「帰って来たドラキュラ供廖瓠肇リストファー/Christopher供
「帰って来たドラキュラ供廖瓠肇リストファー/Christopher供
お待たせしました。その名の通り、ドラキュラ伯爵が再び帰ってきました!

・・・19世紀の終わりのイギリスのトランシルバニア地方、人も寝静まった宵の頃、絶壁にある古い屋敷の棺桶から目覚めた長身でハンサムで貴公子然としたドラキュラ伯爵は、今宵もマントを翻し、街の美女達の生き血を求め彷徨い歩くのであった・・・。

この鮮やかに赤く深く輝く“スワロフスキー・ラインストーン・ライトシャムAB”をマウントしたブラックタイは、ドラキュラの黒いマントと彼の血走った真っ赤な目をモチーフとしたタイで、幼少の頃、ハマーフィルムのドラキュラの映画を見て戦慄のどん底に落とし入れられつつも、ホラー映画の醍醐味を教えてくれ、その容姿と振る舞いにその気品が充分に感じ取ることのできた2015年6月7日に永眠されましたイギリスの名優、クリストファー・リー/Christopher Leeに捧げます。

剣巾は約3.0インチ(≒7.62cm)バタフライの手結びボウタイですので、平面的左右完全対象な出来あがりホック式のPre-tied蝶ネクタイのように、下方を向いてしまうこともなく、結ぶと左右1対ずつのループができるため、立体的にふっくらと上品に結び上がり、大変に味があります。

*国産シルクサテン100%

「帰って来たドラキュラ供廖瓠肇リストファー/Christopher供
定価 7,500円(内税)
販売価格

7,500円(内税)

購入数