View Cart

店主:有村 英仁(HIDEHITO ARIMURA)
<私のプロフィール>
1983年ヴラディミール・ホロヴィッツ初来日時のTV放映で彼のワインレッドのボウタイを目にしたことにより、手結びボウタイを知る。
1989年の彼の死をきっかけに翌年の1990年、彼の影を追い求め、自身もボウタイ愛好家となる。
2009年6月、ボウタイコレクションが100本を突破した直後、自ら鍵盤を3列水平ウェービング状にデザインした“ホロヴィッツU.S.デビュー80周年記念カルメンボウタイ”がシカゴROBERT DASKAL社で製品化され、最初の1本をホロヴィッツの調律師だったフランツ・モアさんに送り、大変喜ばれ、そのボウタイとともに映った画像が送られて来る。
2010年5月、当“ホロ爺のボウタイショップ”WEBを立ち上げ、通販を開始、“ホロ爺ブログ”を始める。
2011年7月、ホロヴィッツが1970年代後半から1982年まで愛用していた鍵盤柄の"HOROWITZ 1977"復刻の夢が叶う。以来、数々のピアニスト、ホロヴィッツファンに愛用されると同時に、新製品をマイペースで発表し続け今日に至る。

*生まれ/鹿児島県
その後、旭川市、長崎市、那覇市、福岡市、浜松市、延岡市、宮崎市などを回りました。


Nose Pal(ノ―ズパル)

販売価格

3,000円(内税)

購入数
この“ノーズパル”は、真っ白なポケットスクウェアです。

*国産
*シルク100%ツィル
*サイズ約34cm×34cm

ホロヴィッツの晩年のコンサートでは、最初に期待する聴衆の大歓声の中に登場する彼が初めてピアノの前に座り、最初にやることは、上着の右ポケットからクシャクシャででっかい真っ白なハンカチーフを、まるで聴衆に魔法を掛けるように振りながらつまみ出して、鼻を拭きながらピアノのフレームの手前上に置くことです。これで準備が完了したかのようにピアノを弾き始めるのです。

ホロヴィッツのハンカチにインスパイアされて、"Nose Pal"(ノ―ズパル)=“鼻友(ハナトモ)”と命名しましたこのポケットスクウェアは、実際、鼻を拭くには、もったいなく、かつ、洗濯には向かないシルク製ですので、ポケットを飾る“ポケ友”としてご使用されることをお薦めします(笑)。別名“ポケットゼルキン/POCKET SERKIN”と呼ばれても構いません。

Horowitz in Vienna
冒頭30秒過ぎのところで、ハンカチーフを取り出します。

この彼が実際に使用した白いハンカチーフを現在も大事に持っている方がいらっしゃいます。黒柳徹子さんです。黒柳さんは、ホロヴィッツが来日した時に開かれた森英恵さんのパーティに出席していて、その場にいたホロヴィッツに勇敢にもハンカチーフを欲しいと言って手に入れたそうです。ホロヴィッツは香水が大好きで、そのハンカチーフも香水がたっぷり振りかけてあったらしいです。

*配送はゆうパケット(200円)をお選び下さい。 このゆうパケットには"POCKET 1977"を含めて3本まで入りますので、4本以上お求めのお客様は、レターパックをお選び下さい。